2010年05月10日

高血圧食事改善

あたりまえだが、高血圧食はまず減塩。

たいていの高血圧(本態性高血圧)は体質の遺伝から、家庭の調理では薄味の習慣を。

もっともたいせつな事、長期間にわたるので栄養バランスが大切だ。

まずたんぱく質、体をつくる材料になる。

牛乳・乳製品・卵は良質のたんぱく質があり、魚も肉もたんぱく質。

野菜・いも・果物はカリウム・食物繊維が豊富なのでたっぷりとります(腎機能低下でカリウム制限のない人)。

生野菜はかさばるので火を通すと容量が減り食べやすくなる調理の仕方でたくさんの量が食べられる。味噌汁はコレで具沢山。


うどんやそば(食塩5〜10g)は、だしをしっかりとる。

パンの副食は比較的少ないのですが、パン自身には意外に塩や砂糖も入っているのでが使われているので注意。

毎食パン食の方、パン食も多すぎないよう注意。 

肥満に高血圧が合併している人は、肥満を治すと血圧も下がってくる。

☆、☆、☆、

それには3・3・3を守って、栄養のバランスを保ちながらエネルギーだけが多い第四群の食品、穀物、砂糖、菓子、スナック、ソフトドリンク、油脂(揚げ物・炒め物)、アルコールを減らします。
 血清コレステロールが高い人は牛乳はスキムミルク、ローファットミルクを選び、卵黄は避けます。肉は脂肪の少ないものにします。
 肥満・高血圧ともに注意したいのは外食・既製食品などです。たいてい、塩味が濃く、揚げ物が多くて高エネルギーです。自宅で素材を使って薄味に料理するのがいちばんです。

栄養書より


posted by ヒロさん at 22:53| 脳卒中は突然? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ソーシャルブックマーク
phpspot
独自ドメイン取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。